手汗外来で手汗対策

主な手汗外来での手汗対策としては、精神を安定させる事に主眼を置く心身療法と
神経遮断薬や制汗剤などを利用する薬物療法、
イオンフォレーシスを使う方法や手術などがあります。

いずれの方法にも一長一短があるので
必ずしもこの手汗対策がベストということは一概には言えません。

しかし、手術を伴なうものは代償性発汗という副作用もあるので注意が必要です。

医者はとかく手術に頼る傾向がありますが、がんもそうですが、
手術だけが完治の唯一の方法ではないという点は良く理解しておくべきです。

手汗外来で内視鏡手術(ETS手術)

手汗外来で内視鏡手術(ETS手術)は、
胸部交感神経遮断手術を内視鏡を利用して行います。

なので、痛みが少なくや術後の入院期間が短い
(場合によっては入院不要のケースもあるようです)ことが特徴です。

手汗外来で内視鏡手術(ETS手術)を受ける場合は、
症例数が多いことを確認することが最低条件となります。

以前テレビでもニュースになったように内視鏡手術というのは、
患者への負担こそ少ないもののかなりのスキルが必要となるため、
経験がものをいうからです。

スキルのない医師による内視鏡手術は、
死亡事故に発展するケースもあるので注意が必要なのです。

手汗外来で手術の副作用

手汗外来で胸部交感神経遮断手術を受けた場合、
仮に手術自体が成功したとしても代償性発汗という
副作用があるので注意が必要なのです。

代償性発汗というのは、
手汗は止まるものの脇など他の部位から汗が大量に出てしまうのです。

また、手汗を止めるために神経を遮断すればするほど
代償性発汗のリスクも高まります。

ですので、どの程度にするのか医師との事前の打ち合わせも欠かせないのですが、
リスクを極力抑えるためにもあまりとり過ぎない方が良いでしょう。

手汗対策

«

手汗対策の人気ランキング

寝る前治療法・手汗改善

1000人を超える患者さんの94.3%が手汗改善効果を実感した森潤平の手汗治療法

手汗治療プログラム(SCM)

インフォトップTVで放送!手汗研究会代表 小森正裕の手汗治療プログラム

手汗解消ガイドブック

2週間で手汗解消!自宅で出来る手汗解消法

手汗対策、治療を始める前に
手汗の原因
心身療法による手汗対策とリスク
薬物療法による手汗対策とリスク
手術による手汗対策とリスク
その他の手汗対策とリスク
手汗対策最新情報
1 dummydummy dummy dummy